ポケットがおっぱいでいっぱい。

みんなが今日も幸せでいれまゆように

めりっぱい

屑です
うん、屑です


f:id:oppaihero:20160116164344j:image

以下、糞のwikiです



ウィキペディアは15周年を迎えました。
あなたにとってウィキペディアとはなんですか。
閉じる
メインメニューを開く

Wikipedia内を検索
編集
このページをウォッチする

象の糞

イヌの糞入れ(プラハにて)
糞(くそ、ふん、くそは「屎」とも表記)とは、動物の消化管から排泄される固体状の排泄物(屎尿)。糞便(ふんべん)、大便(だいべん)、俗にうんこ、うんち[1]、ばばや、大便から転じ大等とも呼ばれる。

人間の文化において、糞は大抵の場合、禁忌されるべき不浄の存在として扱われる。特に衛生面から見た場合、伝染病の病原体を含んだ糞は典型的かつ危険な感染源である。このことから、糞便を指す語彙やそれを含む成句は、しばしば、取るに足らない物、無意味な物、役立たない物、侮蔑すべき物等を形容するのに用いられる場合もある。

しかし一方で、地域や時代によっては、糞便は肥料や飼料、医薬品等として利用されてきた。近年では生物学的な循環において排泄物を資源として捉え、例えば、宇宙ステーションなどの閉鎖環境において有効に活用する手段等の研究も広く行われている。また、一部の動物では自分や親の糞を食べたり、他の動物の糞を栄養源とすることが見られる。

糞便に関する研究・興味分野は、スカトロジー(糞便学)という。

生物学的側面から見た糞 

糞の利用 

文化面から見た糞 

言語表現における糞 

糞害 

関連書籍 

関連項目 

脚注 

外部リンク 

別の言語で閲覧
最終編集: 7 日前、Carkuni
Wikipedia® 携帯機器デスクトップ
コンテンツは、特に記載されていない限り、CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。
プライバシー